コラム

Column

〇〇も〇〇も傷つけたくない。その〈キッチンスポンジ〉とは??

「過去に何があったの?」「想像が広がる商品名でいいなあ。」と、
SNSで話題になった「誰も傷つけたくないスポンジ」。
開発した商品がみなさまの目に止まり、こうして話題になるのは大変嬉しい限りです。
しかし、ネーミングだけではなく、商品開発部としては、ぜひともスポンジ本体に注目していただきたいところです!
本日は「誰も傷つけたくないスポンジ」の魅力を余すとこなくお伝えいたします!

こちらが話題の「誰も傷つけたくないスポンジ」
3層タイプ、うねうねの波型、奇妙な2つの穴・・・気になるところだらけです。

まず注目していただきたい点は、3層タイプというところ。
一番上から、

  • 目の粗いスポンジ
  • ホワイト色スポンジ
  • 厚いオレンジ色スポンジ

と3つの特徴的なスポンジを合体しております。

実はこの3層全て、「ポリウレタン素材」で作られています。
まさにこれこそが、食器を傷つけにくい理由なのです。
通常、スポンジには不織布やナイロンが使用されることが多いのですが、ポリウレタンは、それらに比べて柔らかい素材のため、比較的傷つけにくいと言えます。
さらに、両面をうまく使い分けることで、上手に食器洗いができるのです。
「優しく洗いたい。でも汚れをしっかり落としたい」という時は、表面の目の荒いスポンジで、「本当に本当に優しく洗いたい」という時は裏面のオレンジ色スポンジで洗うことができます。
では、実際にお皿を洗ってみましょう。

洗剤をつけて数回クシュクシュ…。すぐに泡立ちます。
やはり、3層だからこそのこの泡立ち。頼もしさを感じます。

さらに、うねうねの波型形状が手にフィットして、とても握りやすくスムーズに食器洗いを進められます。手になじむので、「持ちづらい…」なんてことはありません!

また、気になるこの2つの穴はスポンジの通気性をUPするために空けたもの。
だから洗い終わった後の水キレも◎!

2層目のホワイト色スポンジに抗菌加工も施しているので、いつでも衛生的に保てます。

もう1つ、忘れてはいけないポイントは、“環境に配慮された商品である”という点です。

3層目のオレンジ色スポンジに植物由来を50%使用しており、パッケージインキにも植物由来を一部使用しています。

まさに、「“食器”も“環境”も傷つけたくない」という想いが込められたスポンジなのです。

ウエルシアが自信を持ってオススメする「誰も傷つけたくないスポンジ」。
ぜひ、お試しください!

TOP