ウエルシアの「エ」は大文字を採用しています。

地域貢献活動レポート

ウエルシア薬局は創業以来、地域の皆様に支えられて成長してきました。地域の皆様のお役に立つため、また地域の皆様の健康で豊かな生活を応援するため、これからも様々な活動を続けていきます。

こちらで過去の具体的な活動をご覧いただけます。

CSR活動レポート(2021年)

新潟県と「災害時における物資調達に関する協定書」を締結

2021年2月9日、新潟県(新潟県知事:花角英世氏)と、「災害時における物資提供に関する協定書」を締結いたしました。本協定により、大規模災害発生および発生する恐れがある時、弊社は食料品、飲料、日用品など応急用生活必需品の主として供給を新潟県と協議のうえ、弊社の商品物流網を活用し物資提供を行うことを盛り込んだ内容になっており、地域の皆さまの支援活動に努めます。

岡山県倉敷市と「災害時における物資調達に関する協定書」を締結

2021年2月1日に岡山県倉敷市(倉敷市長:伊東香織市長、以下、倉敷市)と の災害時における協力に関する協定「生活必需物資及び医薬品の調達に関する協定書」を締結しました。このたびの協定書は、災害時においてウエルシアの物流網を活かし、生活必需物資の要請を受けて商品調達、備蓄品の提供等を倉敷市と連携し対応を行うことを盛り込んだ内容になっており、緊密な総合連携と協同による活動を行います。

埼玉県と「災害時における物資提供に関する協定」を締結

2021 年3月 26 日に埼玉県(埼玉県知事:大野 元裕氏)と、「災害時における物資提供に関する協定書」を締結いたしました。本協定により、大規模災害発生および発生する恐れがある時、弊社は食料品、飲料、日用品など応急用生活必需品の供給を主として、埼玉県と協議のうえ、弊社の商品物流網を活用し物資提供を行うことを盛り込んだ内容になっており、地域の皆さまの支援活動に努めます。

島田市と連携「食糧支援・フードドライブ事業」

島田市と連携「食糧支援・フードドライブ事業」

静岡県島田市では、病気や失業、離婚などをきっかけに生活が立ち行かなくなった人たちを支えるため、認定NPO 法人「フードバンクふじのくに」と連携し、食糧支援事業を行っています。 この事業に必要な食品については認定NPO 法人「フードバンクふじのくに」が実施する「フードドライブ事業」において、個人のご家庭や企業からの寄付によって賄われています。ウエルシア薬局としてもこの取り組みに賛同し、島田市内6店舗でフードバンク事業に連携・協力しました。

東日本大震災「復興支援大学校等奨学金」への寄付活動

島田市と連携「食糧支援・フードドライブ事業」

東日本大震災で被災し経済的に進学が困難な高校生を対象とした「復興支援大学等奨学金」に、売上の一部を寄付する活動を2012年4月から続けてまいりました。最終5期生(2017年度入学)が本年3月に大学を卒業したことで活動は終了しました。当社からの寄付金額は累計約5,000万円となり、37名の学生の進学支援に役立てられました。
→詳細はこちら